トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

デジタル一眼の軌跡、パートⅤ

本題に戻って、(笑)1Dsの続きです。オートサロン、オートメッセ、と楽しんだ後は、かなりの回数の撮影会に参加。

少しずつカメラにも慣れてきました。撮影会以外にも、植物公園や、(サボテンの写真です。)

Photo

桜の広島城。

Photo_2

家の猫。カメラ目線のトラ猫がオスの「チャ」、左奥に居る白の少ない三毛がメスの「ミケ」です。チャは犬みたいな猫で、うちの家族を見つけると、鳴きながら擦り寄ってきます。ミケは警戒心が強く、めったに鳴きませんが、チャがどこかに行って帰ってこない時は、やたらに鳴いて呼びます。

Photo_3

フラワーフェスティバルのステージでは神楽を、

Photo_4

なんといっても、このカメラの時の最大の収穫は、「大和ミュージアム」の1/10戦艦大和の模型でした。未だオープン前に、友人に入れてもらい、1時間半くらい撮らせてもらいました。驚愕の完成度で、撮り足りませんでした。後ろからのショット、好きです。

Photo_5

前からも、絞り込んでやっとほぼ全体にピントが来てます。菊の御紋章が印象的です。

Photo_6

1Dsでの、最後の撮影会は、谷口 真紀さんの初撮影でした。と、同時にKさんの撮影会に参加した最後の時でした。ひどい雨でしたが、雨ならではの写真も撮れて、良かったです。ちょっとストロボ強いですね。

Photo_7

で、1Dsを最後に使用したのは、2005年7月の海上自衛隊展示訓練でした。イージス護衛艦の「こんごう」です。

Photo_9

この撮影を最後に、1Dsとお別れすることになるのですが、その理由といきさつは次回に・・・。

2008年12月29日 (月)

最近の、無駄使い・・・。

今日は、デジタル一眼の軌跡を一休みして、先週の土曜日の衝動買いについて・・・。27日の土曜日、広島に出たついでに、行きつけの模型店に寄ってみました。

目的は、FUJIMIから発売された1/700高速戦艦「金剛」を見ることでした。割りにコンパクトな箱に適度に詰まったパーツ、ハセガワの「三段飛行甲板空母赤城」ほどのボリュームは有りません。

で、船体のモールドですが、これが素晴らしい。左右貼り合わせではなく、一体整形して有るのですが、スライド金型を用いて、舷側のモールドも見事なディティールです。

高射砲座のブルワークも限界の薄さ、さらに補強の三角版までモールドしてあります。煙突の雨よけカバーの枠も、抜けています。(かなり太いですが・・・。)煙突回りの、トラスも、肉抜きでモールドしてあります。ファインモールドの、九六式25ミリ機関銃と組み合わせて作れば、1/700としては限界に近いディティールの「金剛」が完成するはずです。

欲しかったのですが、当日持っていたかばんに入らないのと、予算的にも若干苦しかったので、次回と言う事に・・・。

で、店内をブラブラしてると、CafeReoの1/144「米海軍・海兵隊の名機たち」の開封品を発見。手に取ってみると、なかなかの出来です。   これがパッケージ。

Photo

本来はブラインドパッケージ仕様なのですが、私の行きつけのこの店では、大量に売れる見込みのある商品に関しては、開封させてくれます。

で、バリエーションですが・・・。

Photo_2

ご覧の通り、「F/A-18E」「F/A-18F」「F/A-18A」「F/A-18C」「A-4M」「AV-8B」「S-3B」の7機種、塗装のバリエーションが各2で、計14種類。+シークレット2種となってます。私が手に取って見たのは、「S-3B バイキング」だったのですが、これがなかなかの出来です。

S3b

この写真は、コンデジで撮ってるので、ちょっと写り悪いですが、モールドもマーキングも、結構良い出来です。

さっそく、久しぶりに会った常連さんと一緒に、新品アソートを開封、予算とかばんに入る個数の関係で、「S-3B バイキング」と「F/A-18Fスーパーホーネット」を一機づつ選んで購入。  こちらが、スーパーホーネット。

Fa18

先日買った、童友社のホーネットより、繊細で良い出来です。

で、日曜日にさっそくデカールを貼る必要の無い「S-3B」の方から製作。
って言っても、ランナーからパーツを外して、取り付けるだけなのですが・・・。

で、完成品がこちら・・・。

S3b_2

ずんぐりした愛嬌の有る機体と、巨大な垂直尾翼。特徴を良く再現してます。

さらに、アレスターフックまで、別パーツ。

S3b_3

このシリーズ、ちょっと集めてみたいですね。

当然、フォトディオラマの題材になります。近日公開です。(笑)

2008年12月27日 (土)

デジタル一眼の軌跡、パートⅣ

モーターショーは、隔年の開催です。私が1Dsを手に入れた2004年は、モーターショーの無い年でした。

しばらく撮影の当てが無かったので、友人と相談してモデル撮影会に参加してみる事にしました。広島在住のポートレートカメラマンなら良くご存知の、Kさんの撮影会でした。11月後半の事で場所は植物公園でした。

初めての撮影のモデルさんは、吉本 至聖さん。広島ローカルの「中野浩一のKファン」という深夜番組のKギャルのメンバーでした。

Photo

この時、メンバーは主催者さん以外は私と、友人だけでした。初めて、モデルさんと面と向かっての撮影で、結構緊張しました。

少人数の撮影会で、撮り易かったので、12月16日には、2回目の撮影会に参加しました。
モデルさんは林 チエさん、同じくKギャルのメンバーでした。

Photo_2

この時、撮影会が終った後、呉方面にJRで帰るモデルさんから、同じ方向の人がいたら、一緒に帰りましょうというお誘いが有ったのですが(呉方面にJRで帰るのは私だけでした。)、友人とイルミネーションの撮影の約束をしていた私は、モデルさんのお誘いをお断りしてしまいました。(泣)

で、撮影したイルミネーションがこれです。

Photo_4

この頃のカメラは、ISO400でも盛大にノイズが乗ってましたので、当然三脚を使用しています。もう一枚、

Photo_5

1Dsは、フルサイズならではのパースと、1000万画素オーバーの解像度で、フラッグシップの威力を見せ付けてくれました。特に違ったのが、シャッターボタンです。軽く触れるだけで「カシャッ」と切れの良いシャッターは、普及機と比べるとチューンされた競技用ピストルのトリガーのような感触で、その軽さゆえに、良く地面や空を撮ってました。(笑)

そして、年が明け、1Dsの最初のイベント参戦は、2005年東京オートサロンでした。2月の大阪オートメッセにも行きました。その時の、ニッサンブース。

2005oamz

車を撮った時の迫力は、D100と大違い。フルサイズの素晴らしさを堪能できました。

もちろんお姉さんも・・・  オートサロンの時のお姉さん、ブースとか覚えて無いです。

2005tas

同じく、オートサロンから・・・

2005tas_2

オートメッセの舞花さん、

Photo

同じくオートメッセの、横須賀 まり子さんです。

2005oam

ちょっと長くなっちゃいました。今日はこの辺りで・・・。次回は1Ds後編です。

2008年12月24日 (水)

デジタル一眼の軌跡、パートⅢ

「東京モーターショー」ではまった私は、以後、「大阪モーターショー」年が明けて、「2004福岡オートサロン」「2004東京モーターサイクルショー」と、なんと半年で4つのモーター系イベントに出かける事になります。

福岡では、感度設定を夜景を撮ったときのISO400のままで撮ったりとか、失敗も有りながら、徐々にイベント撮影に慣れてきました。

D100での、最後のイベント、「2004東京モーターサイクルショー」では、かなりのヒット率になってましたが、未だストロボをクリップオンで使っており、写りはいまいちです。

東京モーターサイクルショーに行った最大の目的は、アニメ「AKIRA」の「金田のバイク」でした。なんとこのデザインで、走ります。会場では、走行中の映像が流されてました。

Photo

正面から、

Photo_2

劇中のバイクは、ステッカーだらけだったので、ちょっと違和感が有りますが、見事な立体化です。

村岡 夕実さんを見つけたのも、この時でした。

Photo_3

ストロボが、クリップオンだったので、右側にひどい影が・・・、そして左にはストロボの反射が入ってます。

この時、お気に入りだった泉 なおさんです。ヤマハのブースでした。

Photo_4

この後、D100は、植物公園の花や・・・

Photo_6

8月6日の、平和公園のスナップ等で使用しました。

D100

この頃、友人と一緒に撮影に行った後写真を見せ合うとき、自分の600万画素の写真と、1Dsの1110万画素の写真の違いに欲求不満を感じるようになっていました。

とは言うものの、私に95万円のカメラ等買えるわけも有りません。そんな折、2004年9月、Canonから「EOS-1Ds マークⅡ」、Nikonから「D2X」が発表になります。

そして、1DsマークⅡの購入を決定した友人から、1Ds払い下げの打診が有り、悩んだ結果、決心しました。

Canon装備に切り替えるのに、結構苦労した思い出が有ります。(笑)

1Dsの本格デビューは、2004年10月31日の「第13旅団海田駐屯地記念行事」でした。
その時の74式の写真です。フルサイズのパースペクティブに感動しました。

74

これから約10ヶ月、私の歴代のカメラの中で、唯一のCanon機との付き合いが始まります。

今日はこの辺りで・・・。

気軽に始めたこの日記ですが、けっこう大作になりそうです。(笑)改めて画像を見返してると、色んな事が蘇ってきます。

2008年12月23日 (火)

デジタル一眼の軌跡パートⅡ

それまで、模型写真しか撮らなかった私は、D100との出会いによって色んな物を撮影して楽しみました。「植物公園の花」「原爆ドーム」「宮島」・・・。それなりに楽しかったのですが、いまいち、のめりこむまでには至りませんでした。

そんな中、2003年の10月終わり、D100を譲ってくれた友人と一緒に、「東京モーターショー」に行く事になりました。

ここで、私の写真ライフを大きく変える出会いが待っています。(笑)

東京モーターショーに行く事になった時、私の目的は車を撮る事でした。元々メカフェチな私は、車のメカメカしさには惹かれるものが有りました。
事実、東京モーターショーの前半は、写真の7割が車です。
特にこの年、魅力的な車が多かったと思います。  たとえば・・・

Photo_6

エンツォフェラーリです。テスタロッサが好きだった私に、このデザインはツボでした。

そして、ポルシェカレラGT。

Gt_3

これらの車を夢中になって撮影していました。

で、ダイハツのブースに行った時です。このお姉さんを発見。

Photo_2

どうも、ポニーテイルやツインテイルには弱いですね。(笑)
思わず撮りまくってました。って言っても、数枚ですが・・・。今と比べると、撮っている枚数はわずかです。
で、確かヤマハのバイクブースを撮った時でした。撮影させてもらったお姉さんが、深々と頭を下げて、「有難うございます。」

以降、すっかりイベントでのお姉さん撮影にはまってしまう事になります。(笑)
KIAのお姉さんも、インパクト有りました。

Kia

佐伯 友さんを、初めて撮ったのもこの時です。スズキのブースでした。

Photo_3

ちなみに、スカートかなりきわどく見えますが、下は短パンなんで、ご心配なく。(笑)
こうして見ると、素晴らしいスタイルです。

えっ、今日は2台目のカメラの話じゃないのかって? まあ、あわてないでください。(笑)

実は、この時一緒に行った友人が使っていたカメラが、私の2台目のカメラになるんです。
私に「D100」を譲ってくれた友人が、次に手に入れたカメラは・・・

Canon1_1

そう、Canon EOS-1Ds でした。2002年11月末に発売された、初のフルサイズデジタル一眼レフでした。フィルムと同じセンサーサイズに、当時としては驚異的な1110万画素のCMOSセンサーを搭載、95万円と言う破格の価格で、カメラマニア垂涎のカメラでした。

このEOS-1Dsが、私の手に入ったいきさつは次回に・・・。(笑)

2008年12月21日 (日)

デジタル一眼の軌跡!

ちょっと間が空いてしまいました。今日は、私のデジタル一眼の歴史を振り返ってみたいと思います。

私が、初めて一眼レフ(フィルム)を手にしたのは、社会人一年生の時、昭和52年の事でした。初めての給料で買ったのは、Nikon FMでした。レンズは、55ミリマイクロニッコールF2.8と、35ミリF2.0でした。
完全マニュアル機で、選んだポイントは、模型撮影をする時、セルフタイマーをセットすると、ミラーアップできる事でした。

その後、昭和63年に転職して、カメラ販売店に勤める事になり、ミノルタα7000をはじめとするオートフォーカス一眼と出会う事になりますが、模型写真しか撮らない私は、あまり魅力を感じる事が無く、Nikon FMを持ち続けていました。

その後、模型の完成品に出会うチャンスが減ると共に、スチル写真に対する興味が失われてゆき、8ミリビデオに凝る事になります。この趣味は、今も、HDハンディカメラに引き継がれてます。

平成15年の5月、有る友人から、デジタル一眼レフ、Nikon D100を譲ってもらう事になり、初めて本格的に撮影に行ったのが、5月5日の「岩国基地フレンドシップデー」でした。

ここで撮った写真で、デジタル一眼の成熟と、オート機能の精度を実感する事になります。当時、フィルムカメラに近いクォリティで撮影できる、600万画素のデジタル一眼レフが、20万円台で手に入るようになった事は、画期的なことでした。定価61万円のNikon D1Xが、520万画素だった時代です。

で、その時に撮った写真がこれです。

Photo_2

使用したレンズは、タムロン28-200でした。画像の撮影データはISO200(基準感度)焦点距離は200ミリ(フィルム換算で300ミリ)F8、1/1600秒です。

この撮影をきっかけに、私のデジタル一眼との付き合いが始まります。

次回は、2台目のデジタル一眼の紹介です。

トップページ | 2009年1月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ