« マキアージュの土屋アンナさん。 | トップページ | てつのくじら館展示内容。 »

2009年6月 9日 (火)

Nikon、ピクチャーコントロールについて。

デジタルカメラには、撮影目的に応じて画質を調整する機能が付いています。 フィルムカメラで言うと、使用するフィルムを選択する感覚です。

Canonが最初に始めた機能で、ピクチャースタイルと呼ばれてます。
私の愛機、Nikonではピクチャーコントロールと呼んでいます。 私のようにRAWで撮影する者は、後から自由に変更できるのですが、JPEGで撮影する場合は、最初に決定しておく必要が有ります。

で、今日はそのピクチャーコントロールの、画質の違いを検証します。

私は、フィルムのこってりした色乗りが好きでは無いのと、ポートレート撮影が多いことも有って、一番素直なニュートラルで撮影する事が多いです。(RAWで撮影するので、後から自由に変更できます。)

馬越さんの写真で、それぞれの画質の違いを見ていただきます。 元データが、露出も適正で色味も問題無かったので、全くいじらずにピクチャーコントロールだけ変更しています。

Photo

これが、NikonキャプチャーNX2のピクチャーコントロールのプルダウンメニューです。

基本は「スタンダード」「ニュートラル」「ビビット」の3種類、後に「ポートレート」「風景」が追加されました。今日は、ポートレート写真を使用するので、基本の3種と、ポートレートを検証します。

最初は私がデフォルトにしている「ニュートラル」です。

Photo_2

ちょっと控えめで、コントラスト、発色共に地味ですが、階調豊かで黒つぶれ白とびも起きにくいです。 フィルムで言うと、アスティア風ですね。

Nikonのカメラを購入した時のデフォルトは「スタンダード」です。

Photo_3

彩度、コントラスト共に上がって、少し派手な画作りです。肌の表現とかは悪くないのですが、コントラストが高すぎる気がします。 フィルムだとプロビアでしょうか。

そして、「ビビット」。

Photo_4

さらに、コントラスト、彩度共に高くなり、蜷川実花さん風のテイストになります。(笑)
フィルムで言うと、ベルビア、フォルティア辺りでしょう。

そして、「ポートレート」。

Photo_5

コントラスト、彩度は、ニュートラルとスタンダードの間、若干マゼンタ系が強くなってますが、なぜか肌中心で、全体への影響は少ないです。

4種類を並べてみました。

Photo_6

最近、ポートレートがお気に入りで、ポートレートで現像してからレタッチする事が多くなっています。

で、この画像の私なりの仕上げですが・・・。

Photo_7

キャプチャーNX2でポートレートモードを選択、カラーポイントを使用して衣装の赤を強調、PhotShopに送ってから、ビネットコントロールで周辺の光量落ちを修正、顔が生きてくるように気持ち明るめに調整。 以上で完成です。

« マキアージュの土屋アンナさん。 | トップページ | てつのくじら館展示内容。 »

コメント

やはりRAW故のなせる業です
仕上がりを見ると全然違いますねー
立体的にも見えるし?奥深いねー

テリーさん、こんばんわ。
いつも有難うございます。お会いした日に撮ったモデルさんです。

最近、撮ったままでプリントする事は、ほとんど無くなりました。って言うか、皆さんが普通にプリントに出した時も、プリントする機械と、オペレーターが調整してます。決して撮ったままがプリントされてるのでは無いのです。

撮ったままを出してもらおうと思うと、「自動補正を切って、全てノーマルでプリントしてください。」と、指示する必要が有ります。

自分でするのが一番です。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133258/30015984

この記事へのトラックバック一覧です: Nikon、ピクチャーコントロールについて。:

« マキアージュの土屋アンナさん。 | トップページ | てつのくじら館展示内容。 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ