« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

どっちがお好みですか?

今日は忙しくて・・・、現像したのは1カットだけ。

ソファーに寝そべった彩香ちゃんの画像ですが・・・。

Photo

この目が良いです。100%表示にしても、そこに実際に彩香さんが居るかの様なリアルさ。

でも、全体にちょっと硬い感じです。

で、軽くソフト処理かけてみました。

Photo_2

目元のシャープさが、損なわれないギリギリのレベルでかけてみました。

どちらがお好きですか?

2009年7月29日 (水)

今日の写真。もちろん田中彩香さんです。

初めのシーンから1枚。

1

小雨、降ってたのですが頑張ってくれました。 曇天で、緑が入るとホワイトバランス安定しませんね。 結構いじりました。

次は橋のシーンですが、外が明るいためかなりフレアが出てます。
レタッチで押さえましたが、色味がいまいち・・・。

Photo

この表情と、髪の毛の流れが好きです。

ここからは屋内の写真。 ベッドでの座りポーズ。 良い表情です。

Photo_2

で、私の中では今回のお気に入りカット。 そう、もちろんツインテールを強調して・・・。

Photo_3

このカットが、一番表情が好みでした。 これって誰かさんの好みにも似てるかも。(笑)

2009年7月28日 (火)

撮影会、屋内写真。

2枚だけですが、現像しました。

最初のカットは、屋内での初めの頃の撮影分から・・・。

参加カメラマンさんの一人が用意してくれた照明器具のおかげで、見事に光が回ってます。

Photo

窓の外も、落ち込まず、適度なバランス。 感謝です。

もう一枚は、最後の方で撮った鏡を使ったカットです。

ここも、照明器具のおかげで、光が綺麗に回ってます。

Photo_2

今日は、時間が無くて2枚だけ・・・。 では、次回に・・・。

2009年7月27日 (月)

田中彩香さん、昨日の写真です。

昨日の続き、行きます。

先ずは、橋を使った広角の写真。 本来A3位に伸ばして楽しみたいアングルなので、パソコン上の小さな写真では伝わらないと思いますが・・・。

Photo

100%表示で見ると、ちゃんと彩香ちゃんの睫毛まで確認できます。(笑)

同じく、橋の上で撮ったアップの写真。

2

この目線、好きです。

室内の写真も、少し紹介しておきます。 ソファーの上の寝そべりカットから。

Photo_2

こういうポージングの時は、撮り方が難しいです。 どうしても切り取りでアップ狙いになっちゃいます。

最後に、ベッドの上のツインテール強調カット。(笑)

Photo_3

綺麗系、カッコイイ系のモデルさんも、めちゃくちゃ可愛くなっちゃうと思うのは、私だけでしょうか?(笑)

では、又次回に・・・。

2009年7月26日 (日)

今日の撮影会。

2週続けての撮影会参加です。

気になる天気は・・・ 濃霧から雨、曇り、晴れ、猫の目の様に変わりました。
今日のモデルは、田中彩香さん、長身のカッコイイ系のモデルさんですが、主催者さんの計らいでツインテールでの登場!! 可愛さ3割増決定です。(笑)

撮影開始直後は、濃い霧が立ち込めてました。

Photo

霧はすぐに晴れたのですが、小雨がパラつくあいにくの天気・・・。

Photo_2

それでも、何とか屋外での撮影が可能なレベルでした。 が、諸般の事情が有って雨をしのげる屋根付きの橋に移動。

「マディソン郡の橋」を思い起こさせる木造の橋です。

Photo_3

このシチュエーションだと、曇り空とはいえ空との輝度差が有りすぎ、フレアが出ちゃいます。まあこの程度なら、「味」と言えるレベルですが・・・。(笑)

橋でのアップも1枚。

Photo_4

ちょっと梁が邪魔ですね。

今日は、ちょっとお疲れモードで、最初の衣装だけのアップになっちゃいました。

続きは次回。

2009年7月24日 (金)

衝動買い・・・。

今日、レンタルビデオとゲームショップの一緒になった本屋さんに寄った時、何気なく立ち寄ったゲームコーナーを見ていたら、気になる商品を発見。

中古コーナーに並んでいたのは・・・

Gps

PSP用GPSユニットです。前から気になっていたのですが、高くて買う気になりませんでした。

所が、この商品、値段を見ると「580円」・・・。

すぐにレジにもって行きました。 もちろん、ソフトが無いと何の役にも立たないんだけど、本来5,000円近いGPSユニットがこの値段だったもので、つい買っちゃいました。

ナビソフトの最新版は、9月に出るらしいけど、とりあえず現行品の中古で我慢しようかな・・・。

最後に、このままじゃ寂しいので、松坂さんの写真です。(笑)

Ev

今日はここまで、おやすみなさい。

2009年7月23日 (木)

今日も、松坂さんです。

一緒に撮影した事が有る方なら、御存知かと思うのですが、私はここぞと思うシチュエーションで、シャッターを切りまくるタイプです。

出来るだけ良い画を残せる確率を上げる為なのですが、あまり表情を変えないモデルさんだと、同じ写真を量産する事になります。

松坂さんの場合、私のシャッターのタイミングに合わせて、どんどん表情を変えてくれるので、選ぶのに迷う位、変化にとんだ表情が記録されてます。

初めの頃に撮影したシーンですが、にっこり笑顔から・・・・

Photo

ちょっと切ない感じの表情・・・。

Photo_2

同じポーズなのに、これだけ雰囲気が変わっちゃいます。 この表情見てると胸がキュンて・・・・。(笑)    良いおっさんが(いや、おじいさんか:笑)すいません。

少しアップの写真。

Photo_3

肩のラインが良いです。

ベンチの寝そべりポーズ。

Photo_4

はじけた笑顔がまぶしいです。

このシーン、ISO1600のノンストロボ写真です。 アイキャッチは、レフ版です。
Aさん、レフ版の準備&セッティング、有難うございます。 見事に写真に活きてます。

今回の約1800カットの写真、私にとって宝の山です。

2009年7月22日 (水)

松坂さん撮影会の写真、第3弾です。

写真チェックしてるのですが、良いカットが多くて・・・。

スタート直後の写真から・・・。

Photo

衣装のセンスも良かったです。

いきなりコンクリートの床に座り込んだり・・・、結構思い切ったポージングしてくれます。

Photo_2

ここで、アップを1枚。 全くレタッチはしてません。 レタッチ要らずの綺麗な肌でした。

Photo_3

ベンチを利用したカット。 ISO1600、F3.5でもシャッター速度は1/50秒でした。もちろんノンストロボです。

Photo_4

今日はここまで、おやすみなさい。

2009年7月21日 (火)

撮影会の続きです。

今回の撮影会は、ちょっと変わった場所でした。(笑) その特徴的なカットを1枚。

2f1

この背景、まるでFFⅦの森羅ビル・・・。(わかんないかなあ:笑)

松坂さんの都会的なビジュアルは、この背景にマッチしてました。

この通路を撮影していた頃は、雨も止んで心地よい風が吹いてました。でも、蒸し暑い事には変わり無いですが・・・。 そんなコンディションで、頑張ってくれた松阪さんに感謝です。

Photo

この目線、好きです。

この施設への、入り口付近で撮ったカット。

Photo_2

あんまり綺麗なんで、だんだんアップに・・・。(笑)

最後はエレベーターホールでのアップ画像で、今日はおしまいです。

Photo_3

パソコンで、等倍チェックしても完璧な綺麗さ。 素晴らしい。

2009年7月20日 (月)

今日の撮影会から・・・。

今日は、撮影会でした。

朝、撮影会の会場に向かっていると、もの凄い大雨、ワイパーを最強にしても前が見えない。めちゃくちゃテンションが下がる中、会場に到着。
大雨の中、主催者さんが出迎えてくれました。

今日のモデルさんは、松阪知加子さん、2009年広島フラワーフェスティバルフラワークイーン、そして2009年ミス日本 中国四国地区代表 と言う正に今旬のモデルさんです。

松阪知加子さんのブログ

実は、昨年の広島輸入車ショーで一度撮らせていただいた事が有るのですが、本格的に撮影させていただくのは初めてです。

で、撮影会参加メンバーも集まり、最後にモデルさんの登場となったのですが・・・・、驚きました。めちゃくちゃ綺麗です。そしてスタイル抜群・・・。

中国四国地区代表の実力を見せ付けられました。

前置きが長くなっちゃいましたが、先ずはアップから1枚・・・。

1

この綺麗さ、素晴らしい。 さらに全身のカットでスタイルの良さを・・・。

1_2

身長172センチだそうで、素晴らしいバランスです。 ウエストの位置、信じられないでしょう。
同じ衣装での階段のカット。

Photo_5

綺麗から可愛いに、そしてセクシーに、次々に変わる表情と、見事なポージングに、バッファーが一杯になるまで夢中でシャッターを切り続けていました。

みんな撮影に夢中になって、会場にはシャッター音だけが響き、無駄口を言う余裕も無く一生懸命撮影していました。(笑)

寝そべったポーズのアップ。

Photo_6

エレベーター前のカット・・・。

Photo_7

このカット、ストロボ無し、ISO感度1600で撮影しています。 照明の色温度にムラが有ったため、色味がいまいちですが・・・。

最後に、ブルーの壁を背景に撮った上半身のカットを・・・。

Photo_8

今日はここまで、次回続きをアップします。

デジタル一眼の軌跡、パートⅩⅡ

TMS(東京モーターショー)から帰った私は、11月中旬には和風テイストの美人モデル、緒方さんの撮影会に参加していました。

Photo_3

当時、地元地方局の某テレビCMにも出演されてました。

何故か(笑)原爆ドームも撮ってました。

Photo_5

そうこうする内に、11月下旬、いよいよ発売になりました。 そう、D3です。

D3_2

レンズを買い換えてまで待っていた、待望のフルサイズ一眼レフだったのですが、当時の(今もですが・・・:笑)私の経済状況では、とても手が出ず、泣く泣く同時発売されたAPS-Cサイズのフラッグシップ(と言ってもボディのクラスはD200クラスですが・・・)で妥協する事になりました。

一番長い間活躍してくれて、最高のレスポンスとクオリティを提供してくれたD2XとD200を下取りに出し、ほぼ出費無しでD300に換えました。

D300

もちろん、バッテリーグリップも同時に入手。 これでカタログスペック上は、ほとんどの部分でD2Xを上回る性能になります。

D300を手に入れた日には、さっそく試し撮りに大和ミュージアムに行きました。

Photo

D2Xのサブ機にD200を使っていた私には、特に違和感は有りませんでした。

と言う事で、12月初めの大阪モーターショーには、D300+VR 18-200での参加になります。

車の撮影には、やはり最強の組み合わせ・・・。 2007年のモーターショーと言えば、やはりニッサンGT-Rです。

Gtr

ストロボ写真とは、一味違う表現が出来るのですが、ストロボを焚かないため、グリルとかに照明が回ってない場合、暗く落ち込んでしまいます。

しかしながら、このような被写体にはバッチリです。

Photo_2

トヨタのレクサスコンセプトカーですが、ここでストロボ焚いちゃうと、まともな写真になりません。

ただ、お姉さんに関しては、D2Xに比べて大きく劣るレスポンスで、やっぱり格の違いを実感させられる事になります。

被写体が暗めの時に、ピントが合いにくく、シャッターが切れないのです。おかげで決定的なチャンスを何度か逃し、さらにシャッターが切れない物だから、お姉さんが視線を外してしまう事も結構有りました。

三菱の原口亜由美さん、

Photo_3

こういう、背景が暗いシーンで、強いスポットの逆光になるシーンとか、合いにくかったです。

ついでに三菱のグランドフィナーレの写真を・・・。

Photo_4

今日はこの辺りで・・・。

2009年7月18日 (土)

デジタル一眼の軌跡、パートⅩⅠ

モーターショー系のイベントで、一番不満だったのは車を写す時の色むら(ストロボによる)と、背景の落ち込みでした。

2007年のモーターショーでは、これを解消する為に新しいレンズを導入します。 と言っても、買えないので友人に借りました。

Nikon AF-S VR 18-200 DXです。APS-Cサイズ用の高倍率手ブレ補正レンズです。

Nikon18200

いきなり本番では怖いので、10月末、撮影会で試してみました。

この時のモデルさん、ツボだったのですが、2度と企画されることは有りませんでした。 残念です。

モデルさんはなかむら友香さん。これはD200+50ミリの画像です。

2

私の友人なら良く分かると思うのですが、この髪型、そしてお顔も小水さん系、はまりました。(笑)

こっちがD2X+18-200の画像です。

Photo

使用してみた感じは、ズーム全域でピントもシャープで、ディストーションも少なく、良好な画質でした。 当然ボケ味は期待できませんが・・・。

で、いよいよ東京モーターショーです。さっそく、車で試してみました。

マツダのコンセプトカー。

Photo_2

そして、ホンダのハイブリッド。

Photo_3

良く見ると、インサイトの面影が・・・。(笑)

で、結果ですが、ほぼ狙い通り車体全体にピントの行き渡った写真が、ストロボによる色むらも出きずに撮影できました。 これで高感度設定が可能なカメラなら、背景の落ち込みもさらに押さえられるのですが・・・。

お姉さんの撮影も・・・、 引きの画から(20ミリで撮影。)

20

望遠まで・・・、(200ミリで撮影。)

200

レンズ交換無しで、軽快に撮影可能。

もう1枚。

Photo_4

この、D2X+VR 18-200は、イベント撮影用には最強の組み合わせでした。

レスポンス、クォリティ共にいまだにこれを超える組み合わせを知りません。

で、当然大阪モーターショーにも行くわけですが、その前に動きが有ります。(笑)
続きは次回。

2009年7月17日 (金)

デジタル一眼の軌跡、パートⅩ

ついにパートⅩまで来ました。

サブカメラのD200の軽快さは、結構役に立ちました。

4月21日には、護衛艦の一般公開に持って行きました。 当時、1/700の護衛艦「きりしま」を作っていた私は、参考にする為に合同訓練のために寄港していた「みょうこう」と「きりしま」を撮りに行きました。

Photo

特に「きりしま」のアップを中心にかなりの枚数撮影しました。

Photo_2

この時も、D200を使用しました。 ちなみに完成した模型で、さっそくフォトディオラマを撮りました。 そのために調達した17-70マクロ、役に立ちました。

2

ついでに、エイブラムスも・・・。

M1a2

4月末には、友人と3人で京都に行きました。金閣寺の写真ですが・・・・、絵葉書にしかならないですね。(笑)

Photo_3

そして、5月5日は岩国、

Fa18

天気は悪かったのですが、スーパーホーネットのドーナッツヴェイパーは写せました。
模型写真を除いては、全てD200での撮影です。

岩国の翌日には、ポートピアパークでアンリナさんを撮りました。
この年、撮影会ではズームレンズを付け、ストロボを装着したD2Xと、50ミリF1.4を付けたD200の2台のカメラで撮影する事が多かったです。

D200+50ミリF1.4の画像です。

D20050

6月には、飛田愛さんの初めての撮影。

Photo_4

8月には、細谷さんの水着撮影会。

Photo_5

10月には、こんな写真も・・・。(笑)

Photo_6

友人が撃っているのは、マルイのスポーツ銃コルトガバメントです。
実銃と同じ様に、バレルがショートリコイルしているのが分かります。

2007年は、東京モーターショーの有る年でした。 この頃から装備の準備に入る事になります。

続きは次回。

2009年7月16日 (木)

デジタル一眼の軌跡、パートⅨ

前回の日記で、DX17-55 F2.8 からシグマ17-70マクロのレンズに買い換えた話をしました。

あまりにもレベルの違うレンズに、「ええっ」と思われた方も多いと思うのですが、実はこの頃からNikonがフルサイズセンサーの一眼を開発中との情報があり、「D3はフルサイズで出る」との観測が一般的になっていました。

この頃、実はAF-S28-70 F2.8の中古を手に入れるチャンスが有り、そのため需要の有る内にDXレンズを処分しようとの考えで、17-55を処分しました。
ただ、D2Xのボディに28ミリからだと、あまりにも広角が不足するので、とりあえずという気持ちでシグマ17-70を入手しました。

Afs2870f28

この28-70の撮影会デビューは2006年12月のMIOさん撮影会でした。

Mio

ただ、残念ながらこの時の撮影の感触では、17-55ほどの写りでは有りませんでしたし、17-70と比べても、大差無い写りでした。

年が明けて2007年、2度目の東京オートサロンに出かけます。

この時の装備は、D2X+シグマ17-70マクロでした。 結構使いやすくて重宝しました。

Photo

トヨタの山崎みどりさん、女王様オーラを感じるポージング。(笑)

この時は、三菱も良かったです。

Photo_2

向かって左は、藤川奈緒さん、中央は大野恵子さん。

すずきかすみさんは、この年もスズキにいたんですね。

Photo_3

BOMEXの谷口真紀さん。

Bomex

それなりの写りだったのですが、不満だったのは背景の落ち込み、ストロボに頼る撮影だったのと、ISO400以上はあまり使いたくなかったため、絞り込んだ車の撮影とかは・・・。

F1

こんな感じです。

2月には、大阪オートメッセに行くわけですが、実はこの直前に強力な増援を手に入れます。

D200

D200です。この後、サブカメラとして活躍してくれる事になります。

で、大阪に行く時は、前回の不満を踏まえて、50ミリF1.4を装着したD200をサブカメラとして持って行く事になります。

これがその写真です。

D20050

見た目に近い感じで、結構良かったのですが、被写体の条件に大きく左右されます。しっかり照明の回ったブースしか撮れません。

車も試してみました。

Z

車体に色ムラも出ず、良い感じなのですが、深度を稼ぐためのに絞りこむので、背景が落ち込んでしまいます。 思ったように撮れません・・・。

この解決は、秋の東京モーターショーへの宿題となりました。

オートメッセの青島あきなさんを貼って、今日はおしまい。

Photo

青島さん、小柄なのにめちゃくちゃ足が長いです。 プレートが邪魔です。そして、この背景の落ち込みが課題でした。

2009年7月14日 (火)

デジタル一眼の軌跡、パートⅧ

超久しぶり、もう皆忘れてるだろうな・・・。(笑) 前回は2006年のオートメッセまででした。

2006年は、モーターショーの無い年でしたので、イベントや、撮影会に出かけました。

3月には、プロ野球のオープン戦を撮りに行きました。

Photo

前田のスイングですが・・・ 空振りでした。(笑) ボディはもちろんD2X、レンズはVR80-400です。

5月には、フラワーフェスティバルで林チエさんを撮りました。

Photo_2

チューリップを撮りに行ったのもこの頃です。

Photo_3

8月には、山口に一泊旅行。 その時のSLやまぐち号です。

Sl

しかし、改めて画像チェックしてみると、私、やっぱり風景や花には向いてないですね。(笑)
良い画像が無いです。

9月には、私が一番たくさん撮っているMIOさんとの出会いも有りました。

Mio

D2Xの肌色は綺麗です。今のD700は、イエローのかぶりが有ります。

海田第13旅団の公開日にも行きました。

74

前回の日記の最後にもちょっと書いたのですが、メインの17-55と望遠の80-400、この55-80の空白が、どうにも気になってました。

それと、確かにDXフォーマット用の標準ズームとしては最強の17-55だったのですが、その大きさ、重さを考えると、若干持て余してました。

この頃、模型写真のことも考えて、シグマの17-70マクロに興味を持ちます。

Sigma1770f2845

ズーム全域で20センチまで寄れるマクロ性能、小型軽量でありながら、F2.8-4.5という明るさ、何より広角マクロが撮れる点は、模型写真を撮りたい私には最高のポイントでした。

で、英断を下します。 17-55を下取りに出して、17-70マクロを買いました。

かなりお金が浮いて助かりました。(笑)

17-70のデビューは、11月終わりカオルさんの撮影会でした。一度しか撮れませんでしたが、魅力的なモデルさんでした。

Photo_4

さすがに100%表示した時は、17-55ほどの圧倒的解像感は無いのですが、十分な描写性能でした。

小さく、軽く、汎用性が高くて描写もまずまずのこのレンズは、以後、DXフォーマットの主力レンズとして活躍します。

今日はここまで。

2009年7月11日 (土)

体、柔らかいです。

Misakiちゃん、新体操やってるだけ有って、体柔らかいです。

こんなポーズも楽勝!!

Misaki

次回は、体の柔らかさも、もっと活かしたいですね。

レオタードで撮影会・・・・とか、無理かな。(笑)

全身画像も、1枚。

Misaki_2

以上、おやすみなさい。

2009年7月10日 (金)

真顔を探したけど・・・。

Misakiちゃんの写真、ほとんど笑顔なので、真顔を探してみました。

お気に入りの階段の飾り棚を使ったシーンです。

Misaki

ここの撮影のコツは、壁が薄汚れて見えないように、飛ぶ寸前まで明るく設定。 飾り棚の中の、タングステンの色味は活かす。 肌の色がかぶらない様に・・・。 こんな所です。

で、Misakiちゃんの表情ですが、やっぱり微妙に笑顔でした。(笑)

でも、この整った顔立ち、スッピンでこの綺麗さ。1年もしたら、近寄りがたい美人になってるかも・・・。(笑)

2009年7月 9日 (木)

今日の2枚。

今日も、2枚だけですが撮影会から・・・。

定番の階段を使った足長ショット。 フルサイズセンサーで28ミリ使用。

Misaki

もう一枚は、窓際でカーテンをバックにして、逆光で撮影したカット。

ソフト処理にも向いたシチュエーションですが、今回はソフト処理してません。

Misaki_2

パネル照明をバックにした様な、独特の表現が出来ます。

今日は、これだけ・・・、おやすみなさい。

2009年7月 8日 (水)

笑顔!!

撮影会の時、私はあまり笑顔を撮りません。

どちらかというと、キリッとしたクール系が好きなんです。 所が、ここ2回撮影会でお会いしたモデルさんは、ふたりとも笑顔が魅力的。 真顔の撮影にも何度かチャレンジしたのですが、決まりません・・・。

特にMisakiちゃん、緊張している時も笑顔になると凄く自然で良い表情になります。

Misakiちゃんの写真だけは、笑顔のオンパレードです。

Misaki

今日は一枚だけ。 ちょっと忙しくて・・・。

2009年7月 7日 (火)

今日も、Misakiちゃんです。

最初の写真ですが、始まって間もなく撮ったカットです。

表情は良くなってますが、手が・・・。(笑)

Photo

左手の指先が気になります。 で、トリミング。 ついでに絆創膏も消しておきます。

Misaki

ちょっと手を入れるだけで、写真の印象が変わります。

次は、屋外のカットから・・・。

Misaki_2

肩のラインが綺麗です。 彼女、すっぴんなので、顔と首筋、肩の色味に違和感が有りません。

目と口元、軽くメイクすれば、ずっと大人っぽくなりそうです。

今日のラスト、最後に撮った締めの写真です。

Misaki_3

メイクや、ヘアースタイルに気を使うと、ずっと洗練された美人さんになりそうです。 すっぴんでこれだけ綺麗なんだから・・・。

2009年7月 6日 (月)

お気に入りの場所。

私たちが、撮影でよく使うポートピアの部屋。

その中でも、このコーナーは私のお気に入りです。以前にも紹介したと思うのですが、背景がシンプルで、変化が有って使いやすいです。

Misaki

ワイドで撮ると、かなりの広がり感も演出できます。

背景、もう少し明るくしたかったですね。

で、この場所に今回はピンクの背景紙、敷いて見ました。

Misaki_2

ちょっとピンクがきつすぎる感も有ったのですが、まあまあな仕上がり。

肌色合わせるのに苦労しましたが・・・。

今日は、2枚だけですが・・・。 おやすみなさい。

2009年7月 5日 (日)

今日の撮影会から・・・。

今週も、撮影会でした。

モデルさんはMisakiちゃん、正にこれから、どんどん魅力が開花する予感。
なんといっても、未だ17歳なんですから・・・。

Misaki

彼女は、新体操やってます。素晴らしく締まった体、肩からウエストにかけてのラインが、凄く綺麗です。

Misaki1

さすがに、撮影開始直後は表情も硬かったのですが、撮影が進むにつれ、特に午後は自然で魅力的な笑顔になってきました。

定番のカーテン巻きカット(笑) 軽くソフト処理かけてます。

Misaki_2

凄く大人びて見える彼女ですが、このカットでは17歳らしさが出てます。

Misaki_3

デニムショートパンツでのカット。

Misaki_8

Misakiちゃん、凄く眼が綺麗です。

Misaki_7

これから急激に美しくなっていくと思われるMisakiちゃんの、その軌跡を記録して行きたいと思います。

 

2009年7月 4日 (土)

今日の写真、先週の撮影会から・・・。

今日の2枚、ショートパンツバージョンから・・・。

ベッドでの1枚。

Photo

続いて、ソファーでの1枚。 ちょっと硬かったので、軽くソフト処理してみました。

Photo_3

今日は目線外しの2枚です。

明日は、初めてのモデルさん、楽しみです。

2009年7月 3日 (金)

撮影会の写真。

引き続き屋内中心で・・・。

モデルの坂那あゆさん、目が印象的なモデルさんです。 ぱっと見そんなに派手な容姿では無いのですが、しっとりとした上品なイメージが有ります。

で、写真もおのずとその方向で撮影することになるのですが・・・

ベッドに寝転んで撮影しても、・・・・さわやかです・・・。

1

同じシチュエーションでのアップ。

Photo

キラキラの瞳と、毛先の適度に乱れた黒髪が良い感じです。

次回は、セクシーショット、挑戦してみようかな。

でも、ポージングの指示の時、「胸とお尻を突き出して。」って言ったら、「変態!!」って言われたしな・・・。(笑)

2009年7月 1日 (水)

今日は室内写真中心です。

昨日、ココログの不具合でログイン出来ず、日記が書けませんでした。

今日は、屋内での撮影分を中心にアップします。

屋内での撮影は、非常に暗い部屋だったのですが、参加者の一人が用意してくれた照明で、この通りです。

Photo

ストロボ無しで、綺麗に撮れます。 陽光に輝く緑の窓、スタンドのタングステン、良い感じにバランスが取れてます。

ちょっと気になるのは、天井のエアコン吹き出し口・・・。 って言う事で、消しちゃいましょう。
PhotoShopの出番です。この程度のレタッチなら、2~3分でOK。

Photo_2

便利なソフトです。明るさも、若干いじってます。

同じ衣装で、ベッドに肘を付いて・・・。

Photo_3

良い表情・・・。

違う衣装のアップです。 髪を手でアップにする私好みのポーズ。

Photo_4

次回の撮影が楽しみです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ