« 体、柔らかいです。 | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅨ »

2009年7月14日 (火)

デジタル一眼の軌跡、パートⅧ

超久しぶり、もう皆忘れてるだろうな・・・。(笑) 前回は2006年のオートメッセまででした。

2006年は、モーターショーの無い年でしたので、イベントや、撮影会に出かけました。

3月には、プロ野球のオープン戦を撮りに行きました。

Photo

前田のスイングですが・・・ 空振りでした。(笑) ボディはもちろんD2X、レンズはVR80-400です。

5月には、フラワーフェスティバルで林チエさんを撮りました。

Photo_2

チューリップを撮りに行ったのもこの頃です。

Photo_3

8月には、山口に一泊旅行。 その時のSLやまぐち号です。

Sl

しかし、改めて画像チェックしてみると、私、やっぱり風景や花には向いてないですね。(笑)
良い画像が無いです。

9月には、私が一番たくさん撮っているMIOさんとの出会いも有りました。

Mio

D2Xの肌色は綺麗です。今のD700は、イエローのかぶりが有ります。

海田第13旅団の公開日にも行きました。

74

前回の日記の最後にもちょっと書いたのですが、メインの17-55と望遠の80-400、この55-80の空白が、どうにも気になってました。

それと、確かにDXフォーマット用の標準ズームとしては最強の17-55だったのですが、その大きさ、重さを考えると、若干持て余してました。

この頃、模型写真のことも考えて、シグマの17-70マクロに興味を持ちます。

Sigma1770f2845

ズーム全域で20センチまで寄れるマクロ性能、小型軽量でありながら、F2.8-4.5という明るさ、何より広角マクロが撮れる点は、模型写真を撮りたい私には最高のポイントでした。

で、英断を下します。 17-55を下取りに出して、17-70マクロを買いました。

かなりお金が浮いて助かりました。(笑)

17-70のデビューは、11月終わりカオルさんの撮影会でした。一度しか撮れませんでしたが、魅力的なモデルさんでした。

Photo_4

さすがに100%表示した時は、17-55ほどの圧倒的解像感は無いのですが、十分な描写性能でした。

小さく、軽く、汎用性が高くて描写もまずまずのこのレンズは、以後、DXフォーマットの主力レンズとして活躍します。

今日はここまで。

« 体、柔らかいです。 | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅨ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133258/30535531

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼の軌跡、パートⅧ:

« 体、柔らかいです。 | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅨ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ