« デジタル一眼の軌跡、パートⅧ | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅩ »

2009年7月16日 (木)

デジタル一眼の軌跡、パートⅨ

前回の日記で、DX17-55 F2.8 からシグマ17-70マクロのレンズに買い換えた話をしました。

あまりにもレベルの違うレンズに、「ええっ」と思われた方も多いと思うのですが、実はこの頃からNikonがフルサイズセンサーの一眼を開発中との情報があり、「D3はフルサイズで出る」との観測が一般的になっていました。

この頃、実はAF-S28-70 F2.8の中古を手に入れるチャンスが有り、そのため需要の有る内にDXレンズを処分しようとの考えで、17-55を処分しました。
ただ、D2Xのボディに28ミリからだと、あまりにも広角が不足するので、とりあえずという気持ちでシグマ17-70を入手しました。

Afs2870f28

この28-70の撮影会デビューは2006年12月のMIOさん撮影会でした。

Mio

ただ、残念ながらこの時の撮影の感触では、17-55ほどの写りでは有りませんでしたし、17-70と比べても、大差無い写りでした。

年が明けて2007年、2度目の東京オートサロンに出かけます。

この時の装備は、D2X+シグマ17-70マクロでした。 結構使いやすくて重宝しました。

Photo

トヨタの山崎みどりさん、女王様オーラを感じるポージング。(笑)

この時は、三菱も良かったです。

Photo_2

向かって左は、藤川奈緒さん、中央は大野恵子さん。

すずきかすみさんは、この年もスズキにいたんですね。

Photo_3

BOMEXの谷口真紀さん。

Bomex

それなりの写りだったのですが、不満だったのは背景の落ち込み、ストロボに頼る撮影だったのと、ISO400以上はあまり使いたくなかったため、絞り込んだ車の撮影とかは・・・。

F1

こんな感じです。

2月には、大阪オートメッセに行くわけですが、実はこの直前に強力な増援を手に入れます。

D200

D200です。この後、サブカメラとして活躍してくれる事になります。

で、大阪に行く時は、前回の不満を踏まえて、50ミリF1.4を装着したD200をサブカメラとして持って行く事になります。

これがその写真です。

D20050

見た目に近い感じで、結構良かったのですが、被写体の条件に大きく左右されます。しっかり照明の回ったブースしか撮れません。

車も試してみました。

Z

車体に色ムラも出ず、良い感じなのですが、深度を稼ぐためのに絞りこむので、背景が落ち込んでしまいます。 思ったように撮れません・・・。

この解決は、秋の東京モーターショーへの宿題となりました。

オートメッセの青島あきなさんを貼って、今日はおしまい。

Photo

青島さん、小柄なのにめちゃくちゃ足が長いです。 プレートが邪魔です。そして、この背景の落ち込みが課題でした。

« デジタル一眼の軌跡、パートⅧ | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅩ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133258/30561977

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼の軌跡、パートⅨ:

« デジタル一眼の軌跡、パートⅧ | トップページ | デジタル一眼の軌跡、パートⅩ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ