« ポートレートの高感度撮影。 | トップページ | 面白い車ゲット!! »

2009年10月12日 (月)

ポートレート高感度撮影の問題点。

さて、昨日の続きですが、高感度ノーストロボ撮影の問題点。

一つは、シチュエーションによってはアイキャッチが入らない事。 これは、レフ版等の活用によって解決できます。 昨日の画像では、窓からの明かりが、良い感じに瞳に入ってました。

もう一つ、やっぱり問題なのは、ノイズです。

Iso1600

このネットサイズの画像では、全く分かりませんが、赤枠の所をアップにしてみましょう。

Photo

この画像を、クリックして別枠で表示した大きさが、100%表示です。のどから胸にかけて、影になった部分には、かなり輝度ノイズが出ています。

A4プリントとかだと、注意して見たら気が付きます。睫毛や、髪の毛の描写も、基準感度の時に比べると、まるでコンデジの画像の様に荒れています。

気になる所を、ぼかしツールで処理してやると、あまり気にならなくなります。

Photo_2

これが、処理後の画像。 ノイズの気になる所を、ぼかしツールで処理、白目をスッキリさせて、目のコントラストを少し強く、そして全体に気持ち明るくしています。

ここまでやれば、A4位ではまずわからないです。

« ポートレートの高感度撮影。 | トップページ | 面白い車ゲット!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133258/31759253

この記事へのトラックバック一覧です: ポートレート高感度撮影の問題点。:

« ポートレートの高感度撮影。 | トップページ | 面白い車ゲット!! »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ