« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

2010東京オートサロン第10弾

今日はニッサンの補足です。

MCさんです、その1。

Mc

そして、もうひとり。

Mc_2

ニッサンのダンサーさん、みんなスタイル良かったですが、この方のプロポーションはツボでした。(笑)

Photo

私は、ガリガリ系より、むっちり系の方がタイプなので・・・。

たとえば、藤原紀香さんの様な、大柄でちょっとむっちりタイプの人が好きです。(笑)

2010年1月30日 (土)

2010東京オートサロン第9弾、ニッサンダンサー

現像が思うように進まず、更新が遅くなってます・・・。

今日は、ニッサンのダンサーさんです。

3

ニッサンのステージは、結構面白かったです。 ダンサーさんはスタイル良いですし、パフォーマンスもなかなかでした。 これで、モデルさんが絡めばもっと面白かったかも・・・。

Photo

ポーズは良かったのですが、髪の毛が顔にかかっちゃいました。

Photo_2

ダンスステージを撮る時は、動きをいかに止めるかと、その時のポージング、表情がポイントになります。 なので、どうしても無難な決めポーズの撮影が多くなります。

Photo_3

もう1枚・・・。

1

今日もわずかですが・・・。

この調子だと、いつ終るんだろう・・・。

2010年1月28日 (木)

2010東京オートサロン第8弾、横浜ゴム③

現像が、ほとんど進まないので、今日も3枚だけです。

最初の1枚は、昨日もアップした宮野美智瑠さんの引きの画です。

Photo

続いては、コンパニオンさんから・・・。

三石恵利加さん。

Photo_2

そして、藤川奈緒さん。

Photo_3

毎日、わずかな枚数ですみません。(笑)

2010年1月26日 (火)

2010東京オートサロン第7弾、横浜ゴム②

今日も、3枚しか現像できませんでした。

最初は、宮野美智瑠さん。

1

ふりふりの可愛い系。

そして、菅野広恵さん。 ゴージャスでシックな大人の魅力。

2

ここ、ダウンライトがタングステンで、色かぶりがひどかったです。

修正してますが、カラーバランスが変です。(笑)

もう1枚。

1_2

今日は、ここまで。

2010年1月25日 (月)

2010東京オートサロン第6弾、横浜ゴム①

今日は、横浜ゴムなのですが、時間が無くてお一人しか紹介できません。

KEIさんです。

Kei

横浜ゴムは、個性の異なった3人のモデルさんを、3つの展示スペースに配していました。スポーティで、カッコいい系担当のKEIさん。

ウエストアップも・・・。

Kei_2

アップの髪に、赤いレザーが似合ってます。 引きの画をもう1枚。

Kei2

残り二人のモデルさんは、次回紹介します。

今日は、ここまで。

2010年1月24日 (日)

2010東京オートサロン第5弾、グッドイヤー

今日は、グッドイヤーです。モデルさん8人で、衣装はフレアミニとチャイナ風スリットロング。

ぜんぜんコンプリート出来てないですし、撮った画像もほとんど冴木みれいさん・・・。

立花ゆかサンから・・・

Photo

森田あやさん。

Photo_2

スリットロングで、大人の魅力。 引きの画も行っときます。

Photo_3

こういうカットでは、車の質感にも気を使います。

多分、小沢えみりさんだと思うのですが・・・。

Photo_4

ここのシチュエーション、グッドイヤーのロゴのゴールドの反射に、AEがだまされてえらいアンダーになってました。

そして、冴木みれいさん。 昨日の画像は、額を出してましたが、下ろしてる方が好きです。

2

タムロン28-300での撮影ですが、望遠域を使うことで、まるで大口径標準ズーム、もしくは単焦点レンズで撮ったかの様なボケを表現出来ます。ボケがけっこう柔らかくて自然です。

もう1枚。

3

最後に、額を出したカットも・・・。

4

今日は、ここまで。

2010年1月23日 (土)

2010東京オートサロン第4弾

風邪で、2日ほどくたばってました。 未だ、本調子では無いですが、とりあえず再開です。

今日はランダムに・・・。

先ずはNGKの北川舞花さん。 清楚な雰囲気のモデルさんです。

1

ニッサンからは、オートメッセで菜々緒さんと共にイメージガールを務める五十嵐梅さん。

1_2

たまには車も・・・。

Gtrgt

アップガレージで、ミニコンサートを行っていた「sherry」の鈴木蛍さん。

Photo

同じく「sherry」の黒木晴香さん。

Photo_2

彼女は、先週のヤングジャンプにも出てたみたいです。

そして、片岡春香さん。

Photo_3

ステージは、しっかり動画で記録しました。

彼女たちは、昨年夏の月9ドラマ、「ブザービート」にチアリーダー役で出てたみたいです。私は見た事ないので分かりませんが・・・。

次は、グッドイヤーの冴木みれいさん。

Photo_4

額を出すと、イメージ変わりますね。

最後に、相沢みなみさんを1枚貼って、今日はこれまで・・・。

2

2010年1月20日 (水)

2010東京オートサロン第3弾

今日は、帰りが遅かったので、一枚だけです。

尾林ファクトリーの、中川知映さんです。

Photo_8

中川さん、2年前のオートメッセで初めて見て、お気に入りだったのですが、ちょっとイメージ変わってました。

2010東京オートサロン第2弾

さて、avexのステージの撮影ですが、ショップのブースのステージと比べて、けっこう距離が有ります。 ですので、長めのレンズが必要になり、さらにストロボも届きにくくなります。
オマケに動きが早いと言うカメラマン泣かせのシチュエーションです。

私の設定は、レンズはタムロンVC28-300ですので、200から300ミリになると、絞りは開放でF6.3になります。 動きは止めたいので、シャッター速度は1/200に固定。 撮影モードはマニュアルで露出はストロボの調光に任せます。 ISO感度は800です。

Photo

A-class 永作あいりさんです。 ストロボの調光は間に合ってないです。 髪の毛を見ると、動きの有るシーンだと分かります。

永作あいりさんと、アンジェリックの永井麻央さん。

Photo_2

こっちは、何とかストロボが効いてます。

A-class 小林梨沙さんの決めポーズ。

Photo_3

昨日の歌終わりの決めポーズ、アップです。

Photo_4

正面だった事に感謝ですね。 もう1枚、実はる那さん。

Photo_5

どうも、目線が来てるのには、もうひとつ理由が有って、歌って踊っている時には、写真撮ってる人が少ないのです。 まあ、コンデジやコンパクトデジ一ではちゃんと撮れないだろうし。
そんなわけで、演技中もストロボ焚きまくってる私は、目立つみたいでした。

ステージばかりなのも面白くないので、他のブースも・・・。

Photo_6

WALDの蘭いおりさん。 お腹とか、肌が凄く綺麗でした。

最後に、今回の私の一押し。 相沢みなみさんです。

Photo_7

ちょっと、最近の戸田恵梨香さんにも似てる様な気がします。

今日は7枚、ちょっと頑張りました。(笑)

2010年1月19日 (火)

2010東京オートサロン第1弾

やっと始まります。1月15日~17日幕張メッセで行われた東京オートサロンの模様をお伝えします。

最初に、現在私のパソコンのパフォーマンスが最悪になっており、フリーズと戦いながらの現像なので、一日4~5枚のアップがやっとになっています。 のんびりとした報告になりますが、お付き合い下さい。

さて、オートサロンと言えばavex、なので毎年ホールで行われるコンサートが楽しみでした。 所が、今年はいつまでたってもイベント情報が公開されない・・・。 おかしいなあと思っていたら、案の定、ホールは使わずコンサートは無し・・・。 結局、東ホールの外れの特設ステージでのイベントだけになりました・・・。

規模的にも、昨年別会場を使っていたインポートが一緒になっており、使用スペースはメインの1~8ホールだけになってました。 しかも大手メーカーの参加は、ニッサンとホンダだけ。
あまり期待しないで見に行きました。

所が、コンパニオンさんの質は比較的高いし、各ブースも色々工夫を凝らしており、昨年のモーターショーの事を思うと、はるかに楽しめるイベントになってました。 って言うか2日で押さえられるボリュームでは無かったです。

私はいつも、avexのステージイベントは無視していました。 魅力的なイメージガールは多いものの、長時間拘束されてろくに撮影の出来ないイベントより、各メーカーを回って撮った方が良いと思ってました。
今年もそのつもりだったのですが、友人のMさんの撮影依頼の中に、avexキャンペーンガールの名前が・・・。 で、1日目に軽く偵察に行ってみました。 もうステージは始まっており、とても撮影できる状態では有りません。 と言うかステージすらまともに見れない・・・。

やっぱりと思って、その場を離れようとした時、ひとりの長身の女の子が目に入りました。背が高く顔が小さく、しかも遠目には佐々木希さん風。 気になってパンフレットをチェックしてみると、彼女が撮影依頼の女の子「菜々緒」さんでした。

これは撮る価値有るなと思った私は、2日目、午前中をステージにかけました。 で、1時間前にステージに行ってみると、甘かったです。 すでに3列目でした。 ステージが始まる頃には、2列目まで進攻する事が出来ましたが、かなり撮りにくい状況でした。 しかし、位置はステージの正面。 これが幸いしました。
と言うのも、ステージで歌ったり踊ったりした彼女たちは、決めのポーズで正面を向きます。なので、ほぼ目線が来てる状態で撮影できるのです。

たとえば、house nation のお姉さんたち。

Photo

A-class と アンジェリックのコラボステージ。

Photo_2

こんな感じです。 2列目なので、前の人が入るし、オフィシャルの業務用ビデオカメラや、スチルカメラマンが邪魔になるのですが、(画面左下の緑の線は、ビデオカメラのコードです。)結構良い位置でした。

実はる那さんも、こんな感じ。

Photo_3

そうそう、肝心な菜々緒ちゃんも・・・。

Photo_4

このスタイル、顔の大きさが・・・。 お隣(高橋千咲姫さんかな?)がかわいそう・・・。(笑)

ウエストアップです。

Photo_5

菜々緒ちゃん、ひどい風邪で声がとんでもない事になってました。(笑)

今日は、5枚現像がやっとでした。 では又・・・。

2010年1月14日 (木)

準備に追われてます。

今日は、準備に追われてます。 ギリギリで決めたもので、間に合ってない事がいっぱい。

せめて機材だけは何とかしないと・・・。

明日も、一仕事終えてからの出発になるので、忙しいです。
チケットは準備しましたが、切符は未だ買ってません・・・。 バッテリーは、フル充電した状態で充電器は持って行きません。 NikonとSONYは、問題無く持ちます。

CFは、合計70GB。 これだけ有ればOKでしょう。  充電も、もうすぐ終ります・・・。

2010年1月13日 (水)

2010東京オートサロン

行く事に決めたら、めちゃくちゃテンション上がってきました。(笑)

で、ワクワクしながらコンパニオン出演者リストをチェックしていたら・・・

HONDAに相沢みなみさんの名前が・・・。

2

そう、東京モーターショーで、スバルB4レーシングギャルだった相沢みなみさんです。 嬉しい、又会える。

そして、尾林ファクトリーには中川知映さんの名前が・・・。

23

そう、2008年のオートメッセで、ちょっとしか撮らなかった事を、めちゃくちゃ後悔した中川さんです。 私の理想を、立体に再現したような顔立ち、楽しみです。

1

そして、去年地元のショッピングセンターで、撮影させていただいた南香織さんも、アップガレージに出演。

Photo

2008年のメッセで、ドアップガールズとして出ていた伊東りなさんも、ベストカーに出演。

Photo_2

と、楽しみがいっぱい・・・。 さらに、16日夜は反省会・・・。(笑)

今日から興奮して眠れないかも・・・。(小学生か、笑)

2010年1月12日 (火)

オートサロン、決めました。

未だ、若干不確定要素が有るのですが、とりあえず参加の方向で決定しました。

前にも後にも仕事が詰まっているので、かなりタイトなスケジュールになりますが・・・。
帰ってからの事を考えると、憂鬱になります。(笑)

今回は、コンサートも無いので、撮影に集中する事にします。 特に、先日その実力が証明されたCX520Vでの撮影のウエイトを、上げてみようと思います。

今回の装備は・・・

Nikon1_26l

バッテリーグリップ付のD700。 これに縦位置用のブラッケットを付けて、

Nikonsb800

SB800を装着。 修理、出してないので少し不安ですが・・・。

使用するレンズは・・・

Tamron_a20_28_300_prototype_2

タムロンの、手ブレ補正付き28-300。 写りはいまいちですが、こういうイベントでは重宝します。 TMSの時も、A09(28-75 F2.8)も持ってたのですが、結局使わずじまいでした。

そして、ビデオカメラはもちろん・・・

Hdrcx520v_open

CX520Vです。

さて、準備を急がないと・・・。

2010年1月11日 (月)

CX520Vの実力!!

東京モーターショーの直前に、HDハンディカムをCX520Vに変えた事をお伝えしました。

Hdrcx520v_open

当然、モーターショーでも記録して帰ったのですが、以前のHC1の時と違って、アドビプレミアPro2.0では編集できません。 ですので、今の私のパソコン(AMDのデュアルコア、メモリー1GB)でもAVCHDの編集が可能なソフトを探していたのですが、いまいち良いのが無くてほったらかしになってました。 試しに入れたビデオスタジオ12も、試用期間が切れちゃいましたし・・・。(今時、15日って・・・)

そんなわけで、撮影した画像はパソコンのモニターでしか見てませんでした。

私のパソコンのモニターはフルHDモデルでは有りません。しかも、パソコンの能力が低いので、DVCHDの画像はほぼ問題なく再生できるのですが、AVCHDだと、気持ち引っかかっちゃいます。なので、大した写りじゃないような気がして放置してました。

来週末は、東京オートサロンです。(未だ、行けるかどうか分かりませんが・・・。) で、CX520Vの画像の事を思い出し、とりあえずちゃんとした環境で写りを確認しようと思い、SONYの純正ソフト「PMB」を使って、簡単にカット編集した画像をAVCHD-HDにしてDVDに焼いてみました。

で、PS3にセットして再生・・・。    出力された画像を見て、驚きました。
HC1の時とは比較にならない、素晴らしい映像です。

幕張メッセの会場の中なのですが、ノイズ感の無い見通しの良いクリアなディティール、しっかりとして自然な色乗り、地上波デジタルの画像より上なのではとまで思える内容でした。

さすがに、難しいミックス光だと、ホワイトバランスが怪しいシーンも有りましたが、顔認識機能のおかげか、ピントも色味も顔に合ってるみたいでHC1の時のように、背景に引っ張られる事も少ないです。

ますます、サロンで使いたくなりました・・・。

520v

ちなみに、この写真は動画の1カットを静止画に切り出した物の一部です。

背景の緑色に光っているパネルと、手前の人物の輪郭も、綺麗に表現されてます。 髪の毛は多少甘いですが、帽子や、車のシート、アクセサリーのディティールも、しっかり描写されてます。 プリントしてみましたが、十分通用する内容でした。

ただ、ストロボが無いので、アイキャッチが入らないのと、目元が沈んでますが・・・。

サロン行きてえ・・・・。

2010年1月10日 (日)

やっと、イベント情報公開!!

2010東京オートサロンの、イベント情報ページがやっと公開されました。

2010TASイベント情報

結果、アーティストによるライブイベントは無し・・・。   がっかりですね。

まあ、有っても興味ないアーティストなら行かないわけで、大した問題では無いのですが、今年のTASに対するエイベックスの力の入れ方が分かったような気がして・・・・。

昨年の寺田恵子(ショーヤ)を中心とした、「ナオンのサロン」(女性アーティストを中心としたコンサート)は、良かったのですが・・・。 あれが1,000円で、しかも目の前で楽しめるのは、お得でした。

開催まであと5日・・・     どうしよう・・・。

2010年1月 9日 (土)

そろそろ始動・・・。

最近すっかり御無沙汰の模型ですが、今日、久しぶりに友人とミーティング。

目標は、とりあえずタミヤの「パチッ」なんですが、当初予定していた「ハンビー」が、暗礁に乗り上げており、題材から見直すことに・・・。

とは言うものの、注目度の高い新製品に良いものは無いし、いまさらイタリアの重戦車なんか出されても・・・。 JSU-152もいまいちだし・・・。

基本、題材はノルマンディ以降の西部戦線に求めたいし・・・。

又、ゼロからやり直し・・・。

2010年1月 7日 (木)

ファームウエア、バージョンアップ。

私の愛機、Nikon D700 のファームウエア、最新版が公開されました。

今まで、少し気になってた細かい使い勝手や、エラーが改善されているのですが、最大のポイントはAWBの精度が向上した事。 しばらく、その内容を実証するチャンスが無いのですが、これは助かります。

Nikon1_26l

さて、今年の初撮影が、オートサロンになるのかどうか・・・。

基本、RAWで撮影する私には、あまり関係ないのですが、やっぱり最初からキッチリ撮れてれば、手間が省けます。

そうそう、SB800も何とかしないと・・・。 発光管がやばいかも・・・。

2010年1月 6日 (水)

どうなってるの?オートサロン。

開幕まで、あと10日も有りません。 が、未だにイベント情報公開されず・・・。

毎年、魅力的なコンサートが行われるのだが、今年は未だに情報無し。 どうなってるんだろう? 何も無いのかな・・・。

参加企業、展示車両は昨年以上らしいのだが、大手メーカーはほとんど出てないし(ホンダとニッサンだけ)そろそろ判断しないとやばいのだが・・・。

行く価値無いかも・・・。

2010年1月 5日 (火)

プレイステーション3

使い始めて、約3週間です。 未だ、ゲームはFFⅩⅢしかしてないのですが、使ってみた感想を・・・。

本体がコンパクトになって、場所をとらずに助かってます。 PS2も後に驚異的なスリム化に成功しましたが、バージョンアップで形まで変えてしまうのはSONYだけじゃないでしょうか。

最新世代のプラットフォームは、コントローラーのワイヤレス化も特徴のひとつですが、これは思ったよりずっと便利でした。 PS2で、コントローラーのコードはストレスになってましたので、これは快適です。 ワイヤレスだからと言って、レスポンスにも問題は感じないし、思ったよりコントローラーが軽くてビックリでした。

ただ、時々充電のためにUSBで接続するのですが、その時のコードが短いのが、ちょっと難点です。

ゲーム機としてのポテンシャルは、とてつもない物を持っています。 PS2の時もそうでしたが、このハードの能力を活かしきるソフトが早くみたいです。 GT5には、期待してます。

何よりも感動なのが、ブルーレイプレイヤーとしての性能です。

ブルーレイの画質は、現在、家庭で楽しめる映像コンテンツの中で、最高のクオリティを誇りますが、その素晴らしさを存分に楽しめます。 これだけでも25,800円(私が買った時の価格)の価値が有るかも・・・。

ビデオカメラもAVCHDになって、5.1サラウンドのHD画像が記録できるので、サラウンド環境を整えたいです。

ディスプレイは、2年前に買った東芝Z3500の42型なのですが、このディスプレイのクオリティも、満足しています。

後は、パソコンをHD対応にするだけです。

2010年1月 4日 (月)

FFⅩⅢ、クリアしました。

終ってしまうのが嫌で、ちんたら遊んでたのですが、(笑)今日、終らせました。

ここで、私なりの感想を・・・。 若干ネタバレが有るので、これからやってみようかなと思われてる方は、読まない方が良いかも。

ネットでも色々書かれてるので、もう、目にした方も多いかとも思うのですが。 私にとっては、水準以上の楽しめるゲームでした。 ただ、FFⅩをプレーした時のエンディングの感動に比べると、ちょっと肩透かしでした。 ひとつには、何が目的でどうしたかったのか、良く分からない・・・。 世界観も独特なので、ちょっと入り込みにくいと思います。 そのために、プレイ時間で20時間弱もかけて説明してくれるのですが、これがちょっと面倒です。
もうひとつ、これが一番大きなポイントだと思うのですが、ボリュームが無い。 広大な世界を、苦労しながら次の目的地にたどり着き、徒歩からチョコボ、そして飛空挺と移動手段がバージョンアップしていくあの醍醐味が無いのです。
基本、プレイヤーが自由に動けるのは、徒歩とチョコボだけ。 飛空挺は、ムービーシーンにしか出てきません。
自由に探索できるエリアは、ひとつだけ。 結構広いのですが、閉塞感が有ります。その他は、全て一本道。 行ったり来たりで、経験値稼ぎは出来ます。(敵は再配置されます。)

思うに、これはXbox360とのWプラットホームで企画したためではないかと・・・。 しょぼいプラットホームに足を引っ張られて、ブルーレイの大容量を活かしきれてない気がします。

ロールプレイングの面白さは、長い時間をかけて広大なマップを探索し、その世界観にどっぷり浸かった上で、感動的なエンディングを見ることに有ると思います。

ボリュームが無いので、世界観にも馴染めず、感情移入も出来きらないままに、エンディングを迎えてしまいます。

色々言われてる戦闘システムについては、私は結構気に入りました。 ほぼリアルタイムで進行する迫力の戦闘を、ちょうど良い手間でアシストできると思います。
FFⅩやⅩⅡの時の様な、数時間もかかる戦闘も無いし(社会人には、やってられない:笑)、バランスもまあまあかなと思いました。

ちょっとネガティブな論調になっちゃいましたが、グラフィックは素晴らしいです。ここまでリアルにゲームの中の世界を見せられたのは、初めてです。 それだけに、もっとボリュームが欲しかった・・・。

話の内容が、かなり暗くて絶望的なのですが、(主人公たちは、人間からもモンスターからも追われている。基本、味方は無し。)ヴァニラというキャラクター(ミドルティーン?)が、脳天気に明るくて救いです。(実は、最も重いものをしょってる役柄なんですが・・・。) 文字ばかりでは味気ないので、これがヴァニラです。

Photo

FFⅩのリュックや・・・

Photo_2

FFⅩⅡのパンネロ・・・

Photo_3

の様な役どころですね。

色々分かってきた事も有るので、すぐに2回目を始めるか、1月下旬に攻略本が出てからにするか、ちょっと悩んでます。(笑)

ちなみに、私にとってFFシリーズ最高の作品は、FFⅩでした。 エンディングは、内容も音楽も最高だったと思います。

2010年1月 3日 (日)

東京オートサロン 2010

行くべきか、やめるべきか悩んでます。

東京モーターショーでも撮影させてもらった、谷口真紀さんは、参加決定。

Photo

同じく、モーターショーで撮影させていただいた、岡田智子さんも、参加決定。

Photo_2

こうなると、行かざるをえないか・・・。

大手メーカーで参加リストに有るのは、ニッサンとホンダだけ・・・。 しかし、ニュースによると、参加メーカー、展示車両共に昨年より多いらしいし・・・。

オマケに、サロンのもうひとつの楽しみ、コンサート等のイベント情報は未だに公開されず。

どうしよう・・・。

2010年1月 2日 (土)

もうすぐクリア!!

FFⅩⅢです。 65時間ほどプレイしてます。

ほとんどのゲーマーがそうである様に、私がロールプレイングゲームの面白さを知ったのは、ドラゴンクエストでした。

Ⅰ~Ⅴまでは、ドラゴンクエストを楽しく遊んでました。 初めのうちは、後発のファイナルファンタジーにはあまり興味が有りませんでした。

ターニングポイントは、FFⅦです。 PSの能力を活かした演出に引き込まれました。 Ⅷも楽しみましたが、ⅨはPS2じゃ無かった事にがっかりして遊びませんでした。 そして、PS2になったⅩで、再びFFの魅力を再確認、単なるゲームではなく、エンターテイメントだと思いました。 もちろんⅩⅡも遊びました。

そんな私にとって、PS3で発売されるFFⅩⅢは、もの凄く楽しみな作品でした。 待ち望んだタイトルです。

メカフェチの私にとっては、先ず画像のクォリティが高いことが絶対条件です。

で、実際に手にしたFFⅩⅢですが、素晴らしい画像クォリティを堪能できました。 プレイヤーキャラが歩くと、足元の草花がそよぎます。 小さな虫や蝶が、いっぱい舞ってます。

ムービーシーンではなく、ゲームシーンの話です。

特に、物語が進むと到達できる平原の景色は素晴らしい。 ただ、今回は、今までのFFで感じたゲーム世界の広がりを、あまり感じる事が出来ませんでした。 ちょっとボリュームが無い感じ。 平原のパート以外が、ほとんど一本道だったのもちょっと残念でした。

ただ、成長に関しては、大いに工夫できる余地が有ると思いました。 戦闘も、ボタン連打で勝てるのは序盤だけ、中盤からはオプティマ(戦闘プログラム?)の設定と、状況に応じたモードの切り替えが重要になってきます。

この辺は、最初のプレイの経験を踏まえて、もう一度チャレンジしたいと思ってます。

ネットでの評価では、かなり酷評されてるみたいですが、私にとっては楽しめるゲームでした。

3月発売予定のGT5も楽しみです。

2010年1月 1日 (金)

あけまして、おめでとうございます。

新しい年のスタートです。

今年も、写真を楽しみたいと思っています。 モデルさん、主催者さん、御一緒するカメラマンの方、お世話になるモデラーの皆さん、今年もよろしくお願いします。

年賀状代わりの写真です。 MODEL BOXらしい写真にしてみました。(笑)

Tiger

何で戦車かって? この戦車「TIGER Ⅰ」と言います。 そう「虎」戦車なんです。

昨年は、後半、本来の趣味の模型写真が、パソコンのレスポンスの関係でお留守になってしまいました。 今年は、早々にパソコンをバージョンアップして、レタッチや動画編集を楽しみたいと思ってます。

より多くの写真を、見ていただける様に頑張ります。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ