« 望遠レンズ | トップページ | 神原みおさん、大阪撮影 »

2012年6月23日 (土)

D800の意味

今日も、岩国の画像です。

岩国では、滑走路脇に観覧席が設けられ、滑走路上で機動飛行を見せてくれるのですが、どうしても、正面をパスする時は、下から見ることになります。

F15j

大きくフレーミングできるのですが、逆光になるのと、どうしても機体下面中心の写真になります。

正面をパスした機体が、機首を引き起こす時、良いアングルになるのですが、いかんせん遠い。

私の手持ちレンズの、望遠いっぱい、400ミリで撮っても、この大きさ・・・。

F15j_2

D700の時は、とても使えない没画像でした。

しかし、D800だと・・・、

F15j_3

トリミングしても、なんとか見れます。

AV-8B ハリアーⅡの、こんなアングルも・・・、

Av8b

トリミングすれば・・・、

Av8a

この迫力。

でも、やっぱ600ミリくらいの望遠レンズが欲しいです・・・。(笑)

« 望遠レンズ | トップページ | 神原みおさん、大阪撮影 »

コメント

ふたたびお邪魔します。
D800の航空写真マジックが良く解りました。
ハリア-好きの自分にとって、D800もある意味救世主かも…


現在駐留中のハリアー部隊00号機は特別カラーバージョン(タイガー模様?)です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133258/45800743

この記事へのトラックバック一覧です: D800の意味:

« 望遠レンズ | トップページ | 神原みおさん、大阪撮影 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ