2016年4月18日 (月)

2016年4月17日中四国AFVの会

昨日、福山市市民参画センターで行われたイベントです。

久々に参加できました。

ここんとこ、撮影会とダブって参加できて無かったのですが、今年は、こちらへの参加表明後に撮影会が決まったので、AFVの会を優先。

中四国のモデラーたちの力作を堪能してきました。

先ずは友人たちの作品から。

U氏の作品、狙撃兵に撃たれた兵士を救出するディオラマです。

U氏作品全体
U氏作品全体 posted by (C)Peiper

兵士の動きと関連性が見事で、緊迫感が伝わってきます。

U氏の作品、もう一つは、M4シャーマン。

U氏シャーマン後半分
U氏シャーマン後半分 posted by (C)Peiper

何故か、後半分・・・。(笑)

昨年は、前半分が展示されてたそうです。

もう一人は、Y氏。

日本兵の見上げる先には、赤い鳥が・・・。

Y氏作品美ネット
Y氏作品美ネット posted by (C)Peiper

彼が、最近ライフワークにしてるのが妖怪シリーズ。

けさらんばさらん、一説には「琵琶の精」ともいわれてるそうです。

けさらんばさらん
けさらんばさらん posted by (C)Peiper

このシリーズ、AFVの会(AFVとはアーマードファイティングビークルの略で、装甲戦闘車両の事です。)とは若干趣旨が外れるので、改めて紹介します。

U氏の作品も、また改めてしっかり紹介します。

今回、私の印象に残った作品の一部を紹介します。

ヴィットマンズティーガー。

ビットマンズティーガー
ヴィットマンズティーガー posted by (C)Peiper

有名な戦車エース、ミハエル・ヴィットマンと、彼の乗車とクルーです。

ビットマン(中央)が、微妙に似てないのが残念です。(笑) ちょっと唇が厚すぎたかな?

これが、本人です。

ミハエル・ヴィットマン
ミハエル・ヴィットマン posted by (C)Peiper

1/35のフィギュア(身長5センチ位)で、顔を似せろっていうのも酷な話ですが・・・。(笑)

次は、フィギュア満載のTIGERⅠ(ティーガーアイン)です。

TIGER1
TIGER1 posted by (C)Peiper

武骨なデザインの戦車ですが、絵になります。

最後に75ミリ短砲身搭載のシャーマン。

シャーマン短砲身
シャーマン短砲身 posted by (C)Peiper

この方の作品、塗装が綺麗で、特にフィギュアの塗装は素晴らしかったです。

戦車兵アップ
戦車兵アップ posted by (C)Peiper

ピントは、ドライバーとガンナーに合わせてます。

1/35で、この塗装は素晴らしいです。ここまでアップにしても、全く破たんが有りません。

今回の写真、手持ちのストロボ撮影だったので、写りはいまいち、実物の良さを伝えきれませんが、人の多い会場で三脚を使って、数秒から数十秒の露光をかける訳にも行かず、絞りはISO400で16、ISO800で20で我慢しました。

では、また。

2016年3月22日 (火)

久々の模型写真

久々に繋いだ外付けHDD、懐かしくなって過去の模型写真、いじってました。

自転車&ドイツ兵
自転車&ドイツ兵 posted by (C)Peiper

友人の作成した、タミヤ模型1/35の自転車とドイツ兵、背景の車両はSd.Kfz.251Dハーフトラックです。

めずらしく、国防軍の兵士ですが、これは友人の物だから。

私の依頼品なら、迷わず武装親衛隊です。(笑)

フィギュア(人形)の身長が5センチ位、自転車はエッチングパーツを活用した超絶ディティールです。A4サイズにプリントしても、ディティールに破たんは有りません。

コンテスト応募用に撮影したので、完全アナログセット、デジタル合成は一切使用してません。

早く模型写真撮りたいです。

では、また。

2014年11月15日 (土)

久々に、フォトディオラマ

コンテスト用に撮影していた画像、いじってました。

M1A2エイブラムスと米兵、ピックアップトラックに乗った民兵との戦闘シーンです。

米兵合成2L
米兵合成2L posted by (C)Peiper

ピックアップトラックの民兵はわからないかな?

背景用の画像が荒かったので、トーンを合わせるためにノイズをかけて、画像を荒らしてます。土煙の書き込みがいまいちでした。(笑)

やっぱ、模型写真は楽しいです。

では、また。

2014年10月31日 (金)

タミヤ模型「パチッ」コンテスト74号パンフレット

友人宅に送られてきた作品掲載のパンフレット、取りに行ってきました。

これが表紙です。

パチッ74表紙
パチッ74表紙 posted by (C)Peiper

やっぱ、一番大きく載りたいですよね。(笑)

今回の入賞作品は、シャーマンⅤCファイアフライ。 赤枠の中です。

パチッ掲載ページ
パチッ掲載ページ posted by (C)Peiper

作品部門での銅賞。

この写真です。

ファイアフライ作品全体
ファイアフライ作品全体 posted by (C)Peiper

作品部門での入賞は初めて。ほぼストレートに組んだキットを、オーソドックスに撮影しただけ。

おまけに、背景紙をライトブルーにしたため、車体にブルーがかぶっていまいちの写りです。

アイテムのチョイスが良かったのか・・・。

力を入れていた情景部門は、入選で一枚のみ掲載されてました。

パチッ入選
パチッ入選 posted by (C)Peiper

赤枠の中、ドイツ野戦憲兵のフィギュアです。 掲載ページはモノクロなので、元画像を。

憲兵アップ2L
憲兵アップ2L posted by (C)Peiper

ちなみに、身長は5センチ位。ちょっと、地面とかあっさりしすぎですね。

今回は、情景作品のレベルが高く、入賞できなかったのも、納得の内容でした。

さて、来年に向けて考えよう。 では、また。

2014年10月11日 (土)

お久しぶりです。(笑)

いやあ、放置してました。(笑)

私が、友人と共に、時々チャレンジしてるタミヤ模型の写真コンテスト、「パチッ」ですが、今年は、作品部門の銅賞でした。

模型を作るのは友人で、私は、写真を撮るだけなのですが・・・。(笑)

入賞したのは、この作品。

ファイアフライ作品全体
ファイアフライ作品全体 posted by (C)Peiper

タミヤの新製品(と言っても、元はアスカ製なのですが。)1/35シャーマンファイアフライです。

ほぼストレート組の模型を、オーソドックスな構図で撮影した写真なのですが、アイテムのセレクトが良かったのかな?

昨日、タミヤのHPに掲載されてましたので、紹介させていただきました。

タミヤ模型「パチッ」入賞作品

上のリンクから見れます。 では、また。

2014年6月 2日 (月)

今日の被写体は・・・。(笑)

オートアートのミニカー、1/18 2006年 SC430 です。

2006年SC430ケース2L
2006年SC430ケース2L posted by (C)Peiper

このシリーズ、けっこう出来が良いので、以前から興味は有ったのですが、今回買いやすくなってたので、入手してみました。

窓からの、自然光で撮影したのですが、天気が悪かったので、光の回りが悪くて窓側のハイライトの目立つ絵になっちゃいました・・・。

SC430サイド2L
SC430サイド2L posted by (C)Peiper

う~ん、いまいち・・・。

前からも一枚。

SC430前面2L
SC430前面2L posted by (C)Peiper

やっぱ岡山国際サーキットあたりを走らせてみたいですね。(笑)

では、また。

2013年11月28日 (木)

模型が撮りた~い!!

模型写真を撮りたいです。

しかし、主力の被写体は、今、全て友人の家・・・。

さらに、時間が無い。

これは、2年前に撮影した、タミヤ模型の 1/35 T-55エニグマ です。 旧ソ連製のT-55戦車をベースに、イラクで作られた戦車です。

T-55エニグマ+イラク兵2L
T-55エニグマ+イラク兵2L posted by (C)Peiper

自然さを活かして太陽光を使うか、演出しやすい写真照明で撮るか・・・。

被写体と時間が欲しい。

では、また。

2013年10月28日 (月)

シードダイ公開!!

ジオニック社と、トヨタの提携により、本格的に量産の開始された人型汎用兵器モビルスーツ「MS-06 ザクⅡ」。

島国日本での効果的な運用のため、開発されていたシードダイのプロトタイプが公開された。

LCACの積載能力をアップさせて、フル装備のザクに対応、最終的には装甲も施される予定である。

呉港から、輸送艦「くにさき」に搭載され、訓練海域に向かったシードダイとザクⅡは、見守る報道陣を前に、その雄姿を公開した。

シードダイ合成2L
シードダイ合成2L posted by (C)Peiper

ちなみに、LCACのデータと、ザクの設定資料から大きさを合わせ、積載能力など不自然でない事を確認してます。(笑)

厳密に言うと、撮影距離と使用レンズの問題で、若干パースが違うのですが、乗せてみると不自然じゃ無いのでそのままにしました。

では、また。

2013年10月 6日 (日)

Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車は、「ドイツ軍の軍馬」と呼ばれる様に、度重なる改修を続けながら第2次大戦全期間を通じて、事実上ドイツ軍の主力戦車で有り続けました。

このJ型は、大戦末期に生産されたタイプで、長砲身の75ミリ砲が勇ましいです。

最近、某アニメの人気で、やたらと注目される戦車ですが、多くの兵士が命をかけて戦った道具に、セーラー服や水着の女子高生が乗る事に、私は抵抗が有ります。(笑)

IV号戦車2L
IV号戦車2L posted by (C)Peiper

この作品は、タミヤ1/35のⅣ号戦車J型を、友人に製作依頼したものですが、作ってもらってから、もう20年以上経ってます。

写真も、3年以上前に、D700とシグマのマクロレンズで撮影したものです。

ツインメリットコーティングのパターンにこだわって作ってもらった作品で、出来栄えには満足してますが、比較的古いタミヤ製なので、サスペンションが可動せず、被写体としては物足らない作品になってしまいました。

ドラゴン辺りの可動サス再現可能タイプのキットで、最新作を作ってもらいたいアイテムです。

では、また。

2013年7月19日 (金)

ザク、地上に降ろしてみました

前回は宇宙だったので、コントラスト思いっきり強くしましたが、今度は地上、大気が有ります。

Photo

シャドウをつぶしきらないように調整。 でも、同じ時に撮影した画像なので、ちょっとシャドウ落ちすぎですね。(笑)

あと、この角度で撮ると、腕の付け根が細すぎて・・・。

では、また。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ